視力低下 サプリ

PCやスマホが目に与える影響

目に効くサプリ

 

現代人は目を使いすぎとも言われていますが、
その理由は普及したパソコンやスマートフォンの
影響という事はよく目にすることが多いでしょう。

 

パソコンやスマホからでるブルーライトが
目に悪影響を及ぼすことがわかっています。

 

 

まず、人間の目で見える電磁波の波長のことを可視光線といいます。
理科などの授業で習った方も多いのではないでしょうか。
大体人間は400nm(ナノメートル)〜800nmの光が見えていると
言われています。

 

その中でも波長の短い光に当たるのがブルーライトです。
ブルーライトよりも波長が短くなると紫外線という目には見えない光になります。

 

800nmよりも長い波長になると赤外線と呼ばれる光になります。
この波長は短くなればなるほど人間に悪影響を及ぼします。

 

紫外線も肌などへの悪影響を及ぼすことは有名です。
ブルーライトはパソコンやスマホだけでなく、
ポータブル型のゲーム機やテレビからも発生します。

 

波長が短いため、光が拡散しやすく直接的ダメージを眼球に受けやすいのです。

 

 

そのため、ドライアイや疲労感、視力の低下などさまざまな症状を
引き起こしたり、ひどくなると加齢黄斑変性を引き起こす原因にもなります。

 

加齢黄斑変性とは、網膜の黄斑と呼ばれる部分がダメージを受け、
視野の真ん中が見えなくなり、ものが歪んで見えたり
長期的に視力が低下する症状のことをいいます。

 

 

一生をとおして大切にしていきたい体の一部ですのでブルーライトには
気をつけて生活したいですね。

 

 

ブルーライトは目だけではなく、体全体にも影響を及ぼすことがわかっています。
長時間ブルーライトを浴びることにより、メラトニンという睡眠時に
でる大切な成分が分泌されにくくなり、睡眠障害や睡眠不足を引き起こします。

 

 

そのため鬱の症状や肥満になりやすいのです。
しかしブルーライトを浴びないという生活は現代ではなかなか難しいです。

 

できるだけ長時間のパソコンやスマホの使用は避け、1時間使用したら
10分ほどの休憩を取るようにしましょう。

 

 

そして、ついやりがちですが、就寝前の暗いところでの
スマホ操作は意識的に控える事が大切です。

 

50センチ以上離して画面を見ることがすすめられていますが、スマホは
なかなかそれが難しいので、今ブルーライトをカットするメガネが販売
されています。

 

 

しかしメガネは慣れていない場合しんどくなる方も少なくないので、体の
内側から予防したい方にはルテインが豊富に配合されている
サプリメントがおすすめです。

 

ルテインは日頃からブルーライトを浴びている方に特におすすめの成分で
光を遮る働きがあり天然のサングラスとも呼ばれています。

 

抗酸化作用によって人体に悪影響がある紫外線、スマフォやパソコン、
テレビなどからのブルーライトから目を保護してくれる働きがあり
健康番組などでも眼科医の多くが真っ先に薦める成分になります。

 

ルテインが豊富なサプリと言えばコチラがおすすめ
>>一望百景

 

目に効くサプリ 視力低下を感じたら試してほしいサプリランキングのトップページに戻る
トップへ戻る