視力低下 サプリ

手元のピントが合わなくなってきたのは何故?.txt

ピントが合わない

 

最近ではパソコンやスマホの普及で視力の低下を訴える方が
多いといわれています。
もちろん加齢による視力の低下もよくあることで、手元のピントが
合わなくなってきたら、目の老化が進んでいるサインです。
遠いところを見た後にすぐに近くの文字を見るとかすんでしまったり
薄暗い部屋で見えにくいなどの症状を感じる方はいませんか。
手元のピントが合わなくなる症状は老眼の始まりかもしれません。

 

 

そもそも老眼とは、人がものを見るときにレンズの役割をしているのが
水晶体と呼ばれている部分です。
その周りには毛様体筋という部分があり、水晶体の厚みを薄くしたり、厚くしたり
することによってカメラのピントのように遠くでも近くでも見える働きを
しています。
しかし、加齢によって水晶体が硬くなってしまうので、毛様体筋が
通常の働きをしていても水晶体が動かなくなってしまいます。
この時に近くを見た時にピントが合わず、文字がぼやける、などの
症状になってしまうのです。
大体老眼は45歳頃から徐々に増えつつある、と言われています。

 

 

しかし、若い方も油断してはならないのです。
今は20代、30代でも老眼のような症状を訴える方が多いです。
その理由はスマホやパソコン、ポータブルゲーム機の長時間の使用による
もので、スマホ老眼とも呼ばれています。
スマホ老眼は、スマホから目を離した時に時計の文字盤がぼやけたり
目が乾いて、日常生活を目薬なしではいられなくなる症状です。
人間の目は基本的に近くを長時間見るようにはできていないため
ずっと近くばかりを見ていると目の筋肉がギュッと緊張した状態になります。
そのため、筋肉がこってしまい、一時的に老眼のような症状を
引き起こします。
それから近視の人は常に近くにピントが合っている状態ですので近くの方が遠くよりよく
見えます。
ですので、自分が老眼になっていても、以前と同様遠くよりかは近くの方が見えるので
老化していく目に気付きにくいです。
ピントが合わない状態は分かりやすい症状ですが、他の症状にも着目して、目が乾く
などの症状があれば注意が必要です。

 

 

目の老化はほぼ全ての方におとずれるので、予防のためにも今から
出来ることをしましょう。
バランスの良い食事は視力に良いですが、1人暮らしなどで難しい方は
サプリメントで栄養素を補給できます。
長時間パソコンやスマホを使用する時には、1時間ごとに休憩を挟むなど、毎日の生活に
取り入れられるような予防の仕方をしていきたいですね。

目に効くサプリ 視力低下を感じたら試してほしいサプリランキングのトップページに戻る
トップへ戻る