視力低下 サプリ

目に効くサプリ 視力低下を感じたら試してほしいサプリランキングのトップページに戻る
| 視力豆知識

目のサプリ

 

普段の生活や仕事でも支障がある場合は
目が疲れてるだけと思っても眼鏡の購入は考えなくてはなりません

 

視力低下で初めて眼鏡を選ぶ際に、気を付けておきたいポイントがあります。

 

安い眼鏡も増えていて気軽に試せるのですが、合っていないメガネは逆効果になることも。

 

毎日使う物なので、眼鏡選びは慎重になりましょう。
今回は初めて眼鏡を選ぶ際の注意点などをお伝えします。

 

眼鏡をした方が良い目とは?

 

眼鏡をした方が良いとされているのは、視力から考えることができます。

 

0.3から0.7未満だと、必要な時に眼鏡を使用したほうが良いでしょう。
そして0.3未満だと常に眼鏡を使用したほうが目に良いと言われています。

 

これは近眼の場合ですが、遠視も老眼の方も、そして視力は悪くなくても
乱視の方もいらっしゃいます。

 

その場合も眼鏡が必要になります。

 

例えば日常生活には問題がなくとも、仕事や運転となると支障をきたす場合があります。
定期的に眼科検診に通い、目について検査を行うのも大事なポイントです。

 

眼鏡はTPOに合わせて作るのがコツ

目のサプリ

 

眼鏡には色々な種類があり、時と場合によって使い分けると便利です。

 

例えば老眼の人はプライベートは近くが見える遠視用のメガネが
必要ですが、仕事がドライバーであれば近視用もしくは遠近両用が必要です。

 

また普段仕事でパソコンを使う人は、仕事中はブルーライトカットのメガネが合っています。
このように仕事と趣味、時と場合を考えて使い分けると良いでしょう。

 

基本のオールマイティな1本と、仕事用、プライベートと違った形の
メガネを複数持つと、雰囲気も変わってオシャレですし生活しやすくなります。

 

眼鏡には種類がたくさんある

目のサプリ

 

眼鏡には沢山の種類がありますが、大きく分けると単焦点レンズと
累進レンズの2種類があります。

 

単焦点レンズはいわゆる一般的なレンズで、1つのレンズに1つの
補正機能を持ったレンズのことです。

 

種類は近視用、乱視用、遠視用など

 

累進レンズは複数の機能を持ったレンズで、有名なのは遠近両用レンズです
累進レンズは他にも手元から5メートル先まで良く見えるための累進レンズ

 

そしてもっと近くのデスクワークや裁縫などに便利な近々レンズがあります

 

デスクワークはパソコンなどから発せられる、
紫外線に似たブルーライトをカットするためのレンズもあります。

 

また外で働く方には、ほこりや傷に強い耐傷コートや埃ガードなどレンズに
コーティングをかけることも可能です。

 

度の強すぎる眼鏡には注意

目のサプリ

 

眼鏡が合っていないと、頭痛や眼精疲労を起こす可能性があります。

 

特に近視用のメガネで度が強いと、近くの物を見たときにピントを合わせるため、筋肉が疲れてしまいます。

 

またレンズは視力に比例して厚くなりますが、従来の球面レンズだと使用に違和感を感じることも。

 

できるだけレンズにゆがみがない薄いタイプの非球面レンズがおすすめです。
非球面レンズはかけた時に目が小さくならないのも特徴です。

 

眼鏡を見た目やフレームだけで選びがちですが、レンズも気を付けておきたいポイントです。

 

レンズにもガラスやプラなど素材があるため、生活に合った眼鏡を選びましょう。

| 視力豆知識

目のサプリ

 

仕事だけでなく、スマホなどプライベートでも目を使う時間が多い人、増えているのではないでしょうか?

 

目を使いすぎると、眼精疲労から視力の低下やかすみ目などが起こります。

 

目を使わないということは中々できませんので、毎日の目をいたわる対策が必要です。

 

 

目を酷使すると何故痛くなるの?

目というのは近くを見るときに、目の周りにある毛様体筋という筋肉にギュッと力を入れている状態です。

 

そのためずっと近くにピントを合わせていると、毛様体筋が凝ります。
それがピント調節機能の低下を引き起こします。

 

ピント調節機能の低下は、加齢によっても起こります。

 

近くが見えないのに無理をして見ようとすると、目に負担がかかってしまいます。

 

またまばたきが減って、眼球の表面が乾燥するドライアイによって目が痛くなることがあります。

 

コンタクトレンズの使用でもなることがあり、度が合っていないメガネの使用も原因のひとつです。

 

対策は凝った目の周辺や、目に関するツボ押しで血行不良を改善することがおすすめです。

 

まずはリフレッシュできるツボ

目のサプリ

 

 

眉毛の真ん中から指1本額側にたどったところに、陽白と呼ばれるツボがあります。

 

このツボは眼精疲労の緩和とリフレッシュ効果が期待できます

 

顔が疲れて見える人におすすめのツボ。

 

陽白は握り拳を作った人差し指付近で、グッと押すのがコツです。

 

目の周辺のツボはあまり強く押さないのがポイントです。

 

疲れ目をほぐすツボ

目のサプリ

 

教わったわけではないのに、目が疲れると目をつぶり眉間の下の部分を抑える仕草をしませんか?

 

実はここに晴明と呼ばれるツボがあります。

 

押し方のポイントは鼻の先をつまむのではなく、奥を押すように圧をかけながら指圧をします。
数秒押して離すを繰り返し、1分程度行います。

 

また眼精疲労と共に視力回復効果が狙えるのが絲竹空と呼ばれるツボです。

 

押し方はテーブルに肘をついた状態で、眉毛のまゆ尻を人差し指と中指で押します。

 

あまり力を入れると頭痛がする場合があるので、軽くがポイント。
1,2秒程度で気持ちいいと感じるまで数回行いましょう。

 

加齢による目の疲労に効くツボ

目のサプリ

 

老眼も長時間のデスクワークなどで目に負担をかければ、すぐに眼精疲労が起こります。

 

老眼をすすめてしまうことにもなるのでしっかりとツボ押しでケアしましょう。

 

晴明のツボのすぐ上にある、眉頭のところに攅竹と呼ばれるツボがあります。

 

老眼予防や頭痛がするときにケアしてくれる場所です。

 

押し方は、肘をついたときに親指を立てて眉を乗せましょう。

 

頭痛がする時には長めに押してください。

 

また、眉の中間点には魚腰と呼ばれるツボがあります。

 

こちらも攅竹同様に立てた親指で押します。

 

強く押しすぎると逆効果になるので、気持ち良いと感じる1分程度で構いません。

 

 

 

 

ツボ押しはデスクに座った状態でもできるリフレッシュケア。

 

手間なく簡単にできるので、まずはツボの場所を知っておきましょう。

 

あまり強く押せないツボもあるので、素人判断で押さないように気を付けてくださいね。

| 視力豆知識

目のサプリ

 

特にここ数年にかけて視力の低下を自覚されている人が増えてきました。
老眼に悩む中高年から若い世代でも目が悪くなっている人が多く最近では中高生にも
視力の低下は広がっています。

 

視力の低下の主な原因とされているのがスマフォやパソコンを長時間見ることによって目の水晶体を調節する毛様体筋が凝り固まってしまう事です。

 

普段の生活では遠くを見たり近くを見たりピントを合わせる距離が変化することによって毛様体筋が常に動いて水晶体を薄くしたり厚くしてピントを合わせています。

 

しかし最近の生活では長時間PCやスマフォを凝視することによって近い距離にばかりピントを合わせ続けることになり毛様体筋が凝り固まり正常な動きが出来なくなり、その結果、視力の低下を自覚している人が増えているわけです。

 

では視力の回復はどうすれば良いか?

 

これは近くを見たり遠くを見たり様々な角度へ眼球運動をさせ凝り固まった毛様体筋を
動かしてストレッチをさせてあげることによって改善する場合があります。

 

人間の体でもストレッチや柔軟体操をすると体がほぐれたり動きやすくなりますが目のストレッチも理屈は同じです。

 

昔から目を良くするのに遠くの景色を見ることは知られていますがある意味理にかなっていたんですね。

 

視力回復トレーニング

凝り固まってしまった毛様体筋をほぐす方法として行われるのが遠くと近くを交互に見る視力トレーニングの遠近体操法です。
毛様体筋を鍛える視力回復トレーニングの動画をいくつかピックアップします

 

眼筋を鍛える視力回復トレーニング

※音が出ます

 

 

平行法の視力回復トレーニング

近視改善に良いと言われているのが平行法です。
普段は自然と交差する視点を交差せずに左右の目を遠くを見るように
真っ直ぐに見つめること。コツは凝視せずにリラックスしながらボーっとして見る事です
※音が出ます

 

 

 

交差法による視力回復トレーニング

右目で左側にある像を見て、左目で右側にある像を見る事で、その写真や画像を立体的に見る方法の事を言い遠視や老眼の改善トレーニングに向いています。
目線をクロス(交差)させて見ることから、交差法と呼ばれています
※音が出ます

 

 

視力の低下は眼精疲労が主な原因

今まで視力が良かったのに急に目が悪くなったりショボショボする大きな原因は
近い距離のPCやスマフォを長時間見過ぎたことによる眼精疲労の場合がほとんどです。

 

同じ姿勢を続けることによって血行も悪くなり首や肩こりの症状が起きることも。
またブルーライトの影響で瞳の奥の黄斑部にあるルテイン、ゼアキサンチンが不足して
目が悪くなる場合が多いですので眼科に行くほどではないけど、どうも最近調子が悪い…。

 

そんな方は手軽に出来る視力回復トレーニングと同時に目のサプリなどを併用しながら不足しがちな目に必要な成分を補給すると視力が回復することもありますので試してみてください。

| 視力豆知識

視力改善 サプリ

 

スマホやパソコンなどで目が疲れたとき、自宅でできる
眼精疲労を解消させる方法を知っておくと非常に便利です。
仕事や調べ物の合間に行って目をいたわるようにしましょう。

 

目を酷使すると、肩と同じで目の周りの
筋肉が固まることで血の流れが滞ってしまいます。

 

それが眼精疲労に繋がるので、
一番早い方法は目の周りを温めて血行を促進させてあげる事です。

 

今は市販でもホットアイシートやマスクが売られていますね。
それらを使用するのも良いでしょう。

 

それがない時にはレンジで
軽く水気を絞ったタオルを温め、目の上に乗せる方法があります。
タオルさえあれば簡単にできるので、やけどに注意しながら行ってください。

 

次に血行を促進するには温める以外にも
目の周りの筋肉を動かして、固まった部分をほぐす方法があります。

 

簡単なのは目を閉じて目を上下に動かす、
そしてまた開けて閉じて今度は左右に動かす。

 

このような眼球体操を行えば筋肉がほぐれて血行が良くなります。
さらに目の周りには血行を促進させる目のツボが沢山あります。

 

目頭と鼻の間にあるくぼんだ所には晴明と呼ばれるツボが、
眉毛の内側の生え際部分には攅竹と呼ばれるツボが存在します。

 

こめかみのところにも太陽というツボがあり、コツさえつかめば
少しくぼみがあるところがツボなのですぐに分かるようになります。

 

少しだけ痛みを感じる気持ち良さ、という強さで
押さなければならないのではじめは難しいのですが、慣れればすぐにできます。

 

ツボは血行促進だけでなく、
押す場所によって眼病予防になったりもするので一石二鳥です。

 

眼精疲労は通常であれば睡眠をとれば
回復するはずの目の疲れが取れない場合を言います。

 

ひどくなれば肩こりにつながったり、吐き気や頭痛、
また自立神経失調症などの症状につながることもあるのであなどれません。

 

できるだけ自宅で行える眼球のストレッチや
コリをほぐす方法を知って、普段の生活に取り入れてみるのが良いでしょう。

| 視力豆知識

視力改善 サプリ

 

最近視力が落ちたと思っている人も多いのではないでしょうか?
視力が落ちるのは、様々な原因がある中でも目の酷使による屈折異常が大半です。

 

視力が落ちれば日常生活でも困ることが多いです。
少しでも早く視力をあげたいと思うのは当然の事でしょう。
ただし視力を急に上げる事なんてできるのでしょうか。

 

結論から言えば視力をあげることは可能です。

 

しかし一度上がったらそれはそのままかというと、それは違います。
一時的に上がっても、また目を使っていれば下がっていきます。

 

ずっと近くを見る生活をやめて遠くを見ていれば、筋肉の収縮が正常化します。
ただ視力が回復しますが、急には戻りません。
ですので急に上げてもまた下がるということは覚えておきましょう。

 

まずは目を瞬きするときに使う目の周りの
筋肉を刺激することで、回復する方法があります。

 

目を開けたり閉じたりを繰り返し、
5回目の目を閉じたときに5秒間ぎゅっと閉じておきます。

 

その後また開けて5回パチパチと繰り返します。
30秒ほど繰り返すことで血行が良くなり視力が回復します。

 

これは外眼筋と呼ばれる目の外側にある
筋肉のコリをほぐすことによって、一時的に視力が回復する方法です。

 

他にも点の動きを目で追うことによってコリをほぐす動画のトレーニング方法もあります。
さらに目の毛様体筋を鍛えて調節能力を正常化する方法です。

 

視力を計る前に学校でやった人も多いのではないでしょうか?
遠くの景色と近くを交互に診てピントを合わせる方法です。

 

これらは全て目の周りの筋肉がギュッと凝った状態で、
それをほぐすことによって一時的に視力を回復させています。
ただ効力が短いため、また普通の生活に戻ると視力は下がります。

 

また有名なのが3D画像を見る方法です。
視力回復のトレーニングができ、毎日することで視力の回復を狙うものもあります。

 

ただ0.1の視力を急に1.0の状態にするというような上がり方はほぼ不可能です。

 

一度下がった視力の回復は一時的にはできても、
継続してあげることは中々難しいという訳ですね。

 

 

| 視力豆知識

視力改善 サプリ

 

目が疲れたときに、新聞の文字が
かすんだり視界がぼやけるといった症状が起こることがあります。

 

視界がぼやけると目に重大な何かが起きていると心配になりますね。
ぼやける原因は疲れ目ですが、何故そんな症状が起きるのでしょう。

 

対策もしっかりとおさえておきたいですね。

 

ずっと同じ姿勢をとっていると、肩や首腰が痛くなります。
いわゆる凝ったという状態です。

 

それが実は目でも起きていると考えると分かりやすいでしょう。
目の周りには眼球を支えている外眼筋という筋肉があります。

 

 

それだけでなく、目のレンズを調節する毛様体筋という部分も筋肉でできています。
ずっと長時間同じピントで物を見続けると、目の筋肉が疲労します。

 

それが肩が凝ったのと同じで目が疲れて視界がぼやけるという事につながります。
物を見る事は当たり前の動作ですが、それゆえ無意識に負担をかけてしまいがちです。

 

目のぼやけを解消するには疲れた目を癒す対策を取りましょう。

 

ぼやける他にもショボショボするのは
目が筋肉疲労で血行が悪くなっているサインです。

 

蒸しタオルや温熱シートで目を温めたりして血行を良くします。
それ以外にも目の血行に良いとされるツボ押しも効果的です。

 

またその他にも目をぱちぱちさせる眼球運動や、
近くばかりを見ないで遠くを見てピント調節機能を整えるのも有効です。

 

目が疲れたなと思った時に、定期的に行いましょう。

 

さらに目に必要な成分を補うことで目の見え方をサポートする方法があります。

 

食事よりも効率的で色々な成分が補えるサプリメントを利用するほうが改善しやすいでしょう。

 

特にメグスリの木やルテインなどは
食材で補えるようなものではなく、サプリでしか摂ることが難しい成分です。

 

またドライアイを防ぐ目薬の使用も疲れ目には効果的です。

 

疲れ目にはスマホやパソコンなど、原因となるものを控えるのも対策法です。
それができない状況であれば、上記の対処法を行いながら行いましょう。
対策法はどれも毎日の継続が大事です。

 

| 視力豆知識

視力改善 サプリ

 

目に何か違和感がある、目の見え方がおかしいなど
色々な症状が起こるときがあります。

 

中でも多いのは目が見えにくくなった、という場合です。
でも視力をきちんと計るには自宅では中々難しいですね。

 

では視力が落ちたと感じるとき、いつ病院に行ったらよいのでしょうか。
またはどんな場合に眼科を受診すれば良いのか気になるところですね。

 

まずはボールが目に当たったり、
何かで目を突いた時など明らかに原因があるときです。

 

そんな時は迷わず眼科を受診しましょう。
それが原因で視力が落ちている可能性があるからです。

 

それが一時的なものなのか、そうでないのかは素人判断できません。
かならず病院で診てもらうことが大切です。

 

その他に目を細めてみている時や、物が二重に見えたとき。
そして夜外を歩いていて見えにくいと感じるときです。
車を運転される方は気づきやすいのではないでしょうか?

 

これらの場合は明らかに症状がある場合は別ですが、
目を休ませたり遠くを見るストレッチをして一時的に回復することがあります。
目のツボや目のストレッチを行い様子を見てからでも構いません。

 

次に多いのがスマホやパソコンなどを見ていて
眼精疲労から物が二重になって見えたり、見えにくいと感じるときです。

 

よくスマホ老眼とも言うことがあります。

 

この場合は視力が低下しているというよりは、
眼精疲労からくる血行不良や視力低下であることが多いのです。

 

確かに眼科を受診すれば点眼薬がもらえます。
しかし目に必要な成分を補う、という面では対処療法になる事が多いです。
ですのでできればスマホやパソコンの使用頻度を減らすことをおすすめします。

 

仕事などでそれができない人は、
目の成分を補うサプリメントを使用しながら様子を見る方が良いでしょう。

 

見えていたものがいきなり見えなくなるほどの低下は他に理由があるかもしれません。

 

 

ただし大体原因が分かっている場合や、なんとなくという場合は
様子を見たり、自宅でできるセルフケアもあると覚えておきましょう。

| 視力豆知識

目の疲れ サプリ

眼科に行くと色々な成分が
入った目薬が処方されることがあります。

 

疲れ目やドライアイが原因で
視力が低下している場合は、
点眼薬で視力が回復することも考えられます。

 

しかし眼科でもらう点眼薬もそうですが、
市販で売られている目薬も種類がかなり豊富にあります。

 

眼科医がすすめている目に良い成分や、
視力回復に良い成分はどんなものがあるのでしょうか。

 

まず視力低下の原因が何か、ということもあるでしょう。

 

ドライアイが原因の場合はムチンという成分が含まれた点眼薬を処方します。

 

ムチンとは山芋やオクラに含まれる
ネバネバとした成分で、涙を作っている成分です。

 

それを補うことで、正常な涙で眼球を保湿できるので
見え方がクリアになる事があります。

 

ただドライアイ以外の原因で視力が
落ちている場合は必ずしも回復するとは言えません。

 

その他ビタミン類が含まれている点眼薬も
目の栄養を補い、視力を回復させる効果が期待できます。

 

栄養を補うことが見え方に良いという事で、
いきなり視力が上がる訳ではありません。

 

また逆におすすめしない成分は、目の充血に良いとされる点眼薬です。

 

充血に効果的な成分には血管を収縮する成分が
含まれているので、血行不良で視力が衰えている目には逆効果です。

 

ですのでどんな原因で視力が落ちているのかを把握しておくことも大切です。

 

また成分を見ただけではよく分からないかもしれませんが、
防腐剤や添加物の入っている点眼薬です。
市販のものに多いのですが、目に良いとは言えません。

 

眼科で処方される目薬にはそういった成分が含まれない、
人工涙液や食塩水に近いタイプの目薬もあります。

 

メントールなど目の刺激になるような成分は
視力回復には良くない場合もあるので気を付けましょう。

 

足りない成分を補うだけで視力が劇的に回復することはなかなか難しいです。

 

しかし毎日定期的に目の栄養を補えば、
視力が低下していくことはじゅうぶんに防げるのではないでしょうか。
目薬ならどれでも良いという訳ではないことは覚えておきましょう

 

| 視力豆知識

目の疲れ サプリ

 

眼精疲労に悩んでいて、目の疲れや見え方を根本的に
解決したいなら、色々な成分がバランスよく含まれるサプリメントをおすすめします。

 

もちろん、点眼薬も疲れ目を癒すビタミンAなどの成分が含まれています。

 

しかしその時の眼精疲労は取れても、
持続力がないのでまた眼精疲労が起こってしまうのです。

 

それならば目に必要な成分を補えるサプリメントを
はじめる方が、継続的に目の正常化を狙えるのです。

 

目の中には目が正常に動くための成分が含まれています。
しかしブルーライトなどの光を見過ぎることによって、その成分が足りなくなります。

 

そうなるとかすみ目の症状やスマホを見ていて
すぐに遠くを見たとき、目がぼやけてしまいます。
いわゆるスマホ老眼の症状が出てしまいます。

 

点眼薬は確かに一時的な血行促進のための成分や回復の成分も
含まれていますが、どちらかというと今の辛さをとるといった場合に有効です。

 

一方サプリメントは、毎日継続することによって
目に良い成分を補うという面が大きいので眼精疲労に良いのです。

 

もちろん即効性はないですし、効果にも個人差がありますが、
続けることで目への負担を軽減することができます。

 

目は正常に働くために、ロドプシンや目の情報を
脳に伝えるDHAやEPAなどの成分が含まれています。

 

その他ブルーライトから目を防御するルテインなども
含まれており、それぞれの役割を果たしています。

 

 

これらをサプリメントで補うことによって、
さらに目の防御力を高めるといったイメージです。

 

成分は食事でも補うことはできますが、量が必要であることや
それぞれの成分をバランスよく摂ることは中々難しい事です。

 

今まではあまり画面を見続けるということはなかったのですが、
今はパソコンやスマホは当たり前に長時間使用する時代です。

 

また目を酷使し血行が悪くなることで、
活性酸素が生まれるため目の老化も早まっています。

 

それらを除去する抗酸化成分は
サプリメントで補うほうが効率的なのでおすすめです。

 

 

 

| 視力豆知識

目のサプリ

 

最近では眼精疲労やPCやスマフォからのブルーライトが
原因で目に効果があるサプリが人気を集めています。

 

目のサプリは薬局やドラッグストアでも購入できますし
ネットでも楽天やAmazonなどの大手通販ショップからでも購入できます

 

わざわざドラッグストアに足を運ぶ手間を考えたら
手っ取り早く通販サイトからの購入が増えている傾向でしょう

 

実店舗からの購入ですと、こういったサプリのような健康補助食品は
あまり割引もされませんし飲んでみて効果を実感できなければそれでオシマイです。

 

その反面、ネットからの購入だと楽天などの通販サイトであれば
ポイントが付いたり送料無料や割引率も高い場合が多いです

 

その中でも一番のおススメは販売元のサイトからの直接購入です!

 

楽天などの通販ショップでは販売する際に出店手数料が引かれてしまうために
割引率は販売元から比較するとどうしても低くなってしまいます

 

こういったサプリなどは継続的に飲み続けていく必要がありますが
楽天などの通販サイトでは単品売りがほとんどなんですね。

 

販売元では単品買いよりさらに割引率の高い定期コースという
購入方法があったり返金制度のある商品が多いですので
こういった制度を活用すると最安値でお手軽に購入することが可能です

 

販売元からの直接購入ですと通販サイトよりお手軽に購入出来て
販売元からの購入で安心感もありますのでおススメの方法です

 

当サイトで紹介している目のサプリは全て販売元からの購入ですので
安心してあなたに合ったサプリを見つけてくださいね

| 視力豆知識

デスクワーク 視力低下

近視や急な視力低下には、色々な理由が考えられます。
遺伝的要素や、人間が成長していく過程で眼軸が
伸びてしまった事による近視の進行などが考えられます。

 

しかし、今は体質や遺伝よりも生活習慣、
特にデスクワークでの目の酷使が視力低下の
原因になっていると言われています。

 

デスクワークで視力低下が見られる主な
原因としては、まずパソコンを前にして
至近距離での作業を長時間行う事があげられます。

 

人間の目は水晶体というレンズのような役割を持つ部分を、
毛様体筋という筋肉の力で厚くしたり薄くしたりする事で、遠くや近くのピントを合わせています。

 

これが、毎日ずっと近くばかりを見ていると
毛様体筋が硬くなってしまい、戻らなくなってしまいます。

 

ですから硬くなった毛様体筋では遠くを見ても
ピントが合わず、近視が進行していく現象が見られます。

 

遠くと近くを交互に見る事で視力低下は抑えられるとはいえ、
会社のオフィス内では中々遠くを見ながら仕事をするのは限界がありますね。

 

さらに、近くの物をずっと見ながらの仕事は目だけでなく、
脳にストレスがかなりかかった状態になります。

 

そうなれば自律神経のバランスが崩れやすくなる事や、
ストレスによって活性酸素が増える原因になります。

 

活性酸素は、言わば体の中の老化を早めてしまう物資で
少しならば必要な成分なのですが、余分な活性酸素は細胞を傷つける元となります。
活性酸素は目の老化を早めてしまうので、視力低下につながっているとも考えられています。

 

PCやスマフォのブルーライトは特に注意!

デスクワーク 視力低下

 

その他にもパソコンのブルーライトは波長が短く、エネルギーの強い光になります。
ブルーライトは目には非常に負担のかかるもので、
長時間見続けると、視力低下や睡眠障害を引き起こす事が分かっています。

 

また、薄暗い部屋でデスクワークを行うと目は常に周りの暗い部分と
パソコンの光との明暗の中で調節を強いられてしまい、疲労がたまってしまうのです。

 

テレビを暗くして見てはいけないというのは目を疲れさせてしまうからであり、
またテレビからもブルーライトは出ているからなんですね。

 

ブルーライトから目を保護する成分

PCやスマホのヘビーユーザーに特におすすめな成分がルテインです
ルテインは天然のサングラスと呼ばれていて光そのものを
遮る働きがあり抗酸化作用によって人体に悪影響がある
紫外線やスマフォやパソコン、テレビなどから発せられる
ブルーライトから目を保護してくれる働きがあります

 

そのルテインが豊富に含まれているサプリと言えば
こちらのサプリが当サイトではおススメしています

 

→ 一望百景

| 視力豆知識

視力回復サプリ

最近では眼精疲労やドライアイ、
スマホ老眼といった目に関する症状が
増えており今や現代病とも呼ばれています。

 

疲れ目の予防や緩和には目のサプリメントを
選ぶ人も多くいますが、本当に効果があるのか
疑問に思う人もいるでしょう。

 

そこで最近サプリで有名な株式会社ファンケルが
コラーゲンサプリがしっかりと体に働き掛ける作用が
あることをプレスリリースで発表しましたので参考のために
             引用します

株式会社ファンケル(神奈川県横浜市)はこのほど、経口で摂取したコラーゲンペプチドが皮膚にまで届いていることを確認したと発表した。この研究成果は論文として、「Journal of Agricultural and Food Chemistry」に掲載されている。

 

これは、2011年から文部科学省イノベーションシステム整備事業「先端融合領域イノベーション創出拠点形成プログラム」として、中心拠点の横浜市立大学とコラーゲン機能性研究を行ってきた成果。

 

コラーゲンペプチドは皮膚細胞においてコラーゲンの産生を高める機能が確認されており、また、その他にもヒアルロン酸合成促進や軟骨への作用等数多く報告されている。コラーゲンペプチドを経口摂取することで、身体内に様々な作用を発揮する可能性が期待できる。

 

同社では、今回の研究によって明らかになったコラーゲンペプチドに関する機能性研究をより一層進展させ、美容効果の高いコラーゲンサプリメントの開発を行っていく。また美容分野に限らず、健康増進を目的とした機能性についても幅広く研究を進め、健康サプリメントへの応用も検討したいと考えている。


引用元:株式会社ファンケル

 

論文ですので堅苦しい文章で分かりずらいですが
要は口から飲んだコラーゲンサプリが皮膚にしっかりと
浸透されたことが確認できましたということです。

 

もちろんサプリメントは様々な種類がありますし
コラーゲンと目のサプリでは違いもありますが
サプリの効果に半信半疑の方には参考になると思います。

 

 

ただやみくもに目に良いと書かれたものを飲んでいれば
解決する訳では無くしっかりと成分にも着目することも当然大切です。

 

では、目に良いサプリメントの中でも注目すべきな
成分はどれなのか、というとまずはアントシアニンという成分です。

 

聞いた事のある人もいるでしょうが、アントシアニンは
ポリフェノールの一種でブルーベリーに含まれています。

 

しかし、最近ではブルーベリーよりも含有率の高いのがビルベリーです。

 

ビルベリーには物を見る時にロドプシンという成分の再合成が
行われるのですが、その再合成を手助けしてくれる働きがあります。
ですから、ビルベリーを使用したサプリメントを選ぶ事がまず重要となります。

 

そしてそのアントシアニンと一緒に摂る事でお互いの持つパワーを上げてくれる、
相乗効果のある成分が入っているかに着目しましょう。

 

アントシアニンと相性の良い成分はルテインやアスタキサンチン、
DHAといった成分で、これらの成分も目に良い効果をもたらすものです。

 

ルテインは、ブルーライトや紫外線など
目に悪影響を与える光から守ってくれる作用があります。

 

アスタキサンチンは目の筋肉の疲労に効果があり、
またDHAは活性酸素という体のサビに効いていくので老化による老眼に働きかけます。
その他にもメグスリノ木やβカロテンなど多くのサポート成分や、
相乗効果が期待できる成分が含まれているサプリメントを選ぶ事をおすすめします。

 

一口に疲れ目と言っても目の中のどの部分に支障をきたしているのかは分かりません。
ですから、様々な角度から目を保護したりケアをしてくれる成分が
色々入っている事が選ぶ際のポイントと言えます。

 

目のサプリメントは、これらの成分がバランスよく配合されています。
ただし人によって効果の出る成分も変わってきますので
その辺りがサプリ選びで迷うところです

 

初めてサプリの購入を考えている場合は効果を感じられなかった時の事を
考えて返金保証の付いたサプリから始めてみるのが良いと思います

 

返金保証の付いたサプリがコチラです >>一望百景<<

| 視力豆知識

老眼と言えば50代くらいから、徐々に加齢によって
目のピントが合わなくなる症状だと言われています。

 

しかし、実は20代や30代の若い人にも老眼が増えてきている事はご存知でしょうか。

 

目に効くサプリ

 

若い人に起こる老眼は主にスマホ老眼と呼ばれており、
スマートフォンが原因でなる老眼のような症状の事を言います。

 

一時的なもの、とは言われていますが若い人にとってはスマホは生活に
なくてはならない存在ですから、将来的にもずっと使い続けるものですね。

 

そうすれば症状は慢性化し、ドライアイや眼病を早める原因にもなり得るのです。

 

スマホ老眼の原因と対策

 

スマホ老眼の原因は、文字の通りスマホの使いすぎによるもので、
特に至近距離での使用が目の毛様体筋を酷使させてしまっています。

 

スマホを30センチ以上離して使っている人は
あまりいないはずですし、使いづらいのも現実です。

 

また、スマホ特有のブルーライトや暗いところでのスマホ操作によって
虹彩筋にも負担がかかり、ピント調節がうまくいかなくなります。

 

スマホ老眼かどうかチェックするには、スマホを使用していてふとテレビなどの
画面を見た時、ピントが合わずボヤける事があれば高確率でスマホ老眼と言えます。

 

その他にも、目の焦点が合わなくなってきた、
頭痛や肩凝りがする、目が乾くなどの症状です。

 

スマホを全く使わない生活は難しいため、
できる対策を行うだけでも少しの改善が見られるでしょう。

 

まず、意識して画面と目の距離を取るようにする。
時間を決めてスマホをしたり、暗いところで使用しないなどです。

 

どうしても暗いところでスマホをしなければならない時は
ブルーライトをカットするフィルムを貼ったり、明るさを一番暗めに設定しましょう。

 

また、目が疲れたなと思ったらピント調節を合わせる
目薬を打つ、遠くを見る時間を設けるのも良いでしょう。

 

さらに効果的なのが目に良いサプリメントをきちんと飲む事です。

 

目のサプリは様々な目に良いとされる成分が
バランスよく配合されているのでおすすめです。

 

また目を閉じてストレッチを行うのも忘れずに行いたいですね。

| 視力豆知識

最近慢性的な眼精疲労を訴える人が増えてきています。
会社では基本的にパソコンを使うのが当たり前になってきていますし、
通勤中や帰宅後もスマホの画面を見ない日はないでしょう。

 

目に効くサプリ

 

目の疲労は一時的なものであれば、そこまで深刻になる事はありません。
しかし、眼精疲労は日頃の目の使いすぎがドライアイや充血、
目の痛みを長期的に引き起こしているので、中々治りにくい症状でもあります。

 

しかし目を使わないで治す事は難しいので、目に良い食品を摂ることで、
眼精疲労の緩和だけでなく予防をしていく事が可能です。

 

視力回復にはビタミンB群を積極的に摂りましょう

 

目に良いと言われている食品は沢山あり、成分でいうとまずビタミンB群です。
目は入ってきた情報を脳に伝えるのですが、その手助けとしてビタミンB群が活躍します。

 

食品では、豆腐や海苔、サンマや納豆に含まれています。
この食品から思い浮かぶメニューと言えば朝定食ですね。
どれも朝の食事にぴったりのバランスの良い食品ばかりです。

 

また、目の神経伝達を促すものや
眼病予防としてアントシアニンやルテインがあります。

 

少し覚えにくいと感じますが、食品の色で覚える方が簡単でしょう。
アントシアニンは基本的に紫色の食べ物でブルーベリー、ぶどうやナスなどがあげられます。

 

また、ルテインは緑色の食品と覚えておくと便利なのです。
ルテインはキャベツやレタス、ブロッコリーに含まれています。
料理を作るときに、色味を考えたりしますよね。
そんな時に色で覚えておくと、食卓も明るくバランスの良い食べ物が食べられますね。

 

目に効くサプリ

 

その他にも、光を感じる物質の合成を
手助けする役目を持つのがアスタキサンチンです。

 

アスタキサンチンは、鮭やイクラ、カニといった赤い色の食品に含まれています。
こうしてみると、色味が鮮やかな食べ物ばかりですから、綺麗な物を
見るためには綺麗な色味の食品を食べると、目に良い事が分かります。

 

 

さらにドライアイを防ぐ食品はDHAやビタミンAがあります。
DHAは青い魚に含まれており、ビタミンAはうなぎやレバーに多く含まれています。

 

こういった事からも視力と食事には密接な関係がありますので
クスリやサプリメントを摂取しながらバランスの良い食事を
心がけるのが視力の回復の助けになりますので是非実践していきましょう

| 視力豆知識

ピントが合わない

 

最近ではパソコンやスマホの普及で視力の低下を訴える方が
多いといわれています。
もちろん加齢による視力の低下もよくあることで、手元のピントが
合わなくなってきたら、目の老化が進んでいるサインです。
遠いところを見た後にすぐに近くの文字を見るとかすんでしまったり
薄暗い部屋で見えにくいなどの症状を感じる方はいませんか。
手元のピントが合わなくなる症状は老眼の始まりかもしれません。

 

 

そもそも老眼とは、人がものを見るときにレンズの役割をしているのが
水晶体と呼ばれている部分です。
その周りには毛様体筋という部分があり、水晶体の厚みを薄くしたり、厚くしたり
することによってカメラのピントのように遠くでも近くでも見える働きを
しています。
しかし、加齢によって水晶体が硬くなってしまうので、毛様体筋が
通常の働きをしていても水晶体が動かなくなってしまいます。
この時に近くを見た時にピントが合わず、文字がぼやける、などの
症状になってしまうのです。
大体老眼は45歳頃から徐々に増えつつある、と言われています。

 

 

しかし、若い方も油断してはならないのです。
今は20代、30代でも老眼のような症状を訴える方が多いです。
その理由はスマホやパソコン、ポータブルゲーム機の長時間の使用による
もので、スマホ老眼とも呼ばれています。
スマホ老眼は、スマホから目を離した時に時計の文字盤がぼやけたり
目が乾いて、日常生活を目薬なしではいられなくなる症状です。
人間の目は基本的に近くを長時間見るようにはできていないため
ずっと近くばかりを見ていると目の筋肉がギュッと緊張した状態になります。
そのため、筋肉がこってしまい、一時的に老眼のような症状を
引き起こします。
それから近視の人は常に近くにピントが合っている状態ですので近くの方が遠くよりよく
見えます。
ですので、自分が老眼になっていても、以前と同様遠くよりかは近くの方が見えるので
老化していく目に気付きにくいです。
ピントが合わない状態は分かりやすい症状ですが、他の症状にも着目して、目が乾く
などの症状があれば注意が必要です。

 

 

目の老化はほぼ全ての方におとずれるので、予防のためにも今から
出来ることをしましょう。
バランスの良い食事は視力に良いですが、1人暮らしなどで難しい方は
サプリメントで栄養素を補給できます。
長時間パソコンやスマホを使用する時には、1時間ごとに休憩を挟むなど、毎日の生活に
取り入れられるような予防の仕方をしていきたいですね。

| 視力豆知識

PCやスマホが目に与える影響

目に効くサプリ

 

現代人は目を使いすぎとも言われていますが、
その理由は普及したパソコンやスマートフォンの
影響という事はよく目にすることが多いでしょう。

 

パソコンやスマホからでるブルーライトが
目に悪影響を及ぼすことがわかっています。

 

 

まず、人間の目で見える電磁波の波長のことを可視光線といいます。
理科などの授業で習った方も多いのではないでしょうか。
大体人間は400nm(ナノメートル)〜800nmの光が見えていると
言われています。

 

その中でも波長の短い光に当たるのがブルーライトです。
ブルーライトよりも波長が短くなると紫外線という目には見えない光になります。

 

800nmよりも長い波長になると赤外線と呼ばれる光になります。
この波長は短くなればなるほど人間に悪影響を及ぼします。

 

紫外線も肌などへの悪影響を及ぼすことは有名です。
ブルーライトはパソコンやスマホだけでなく、
ポータブル型のゲーム機やテレビからも発生します。

 

波長が短いため、光が拡散しやすく直接的ダメージを眼球に受けやすいのです。

 

 

そのため、ドライアイや疲労感、視力の低下などさまざまな症状を
引き起こしたり、ひどくなると加齢黄斑変性を引き起こす原因にもなります。

 

加齢黄斑変性とは、網膜の黄斑と呼ばれる部分がダメージを受け、
視野の真ん中が見えなくなり、ものが歪んで見えたり
長期的に視力が低下する症状のことをいいます。

 

 

一生をとおして大切にしていきたい体の一部ですのでブルーライトには
気をつけて生活したいですね。

 

 

ブルーライトは目だけではなく、体全体にも影響を及ぼすことがわかっています。
長時間ブルーライトを浴びることにより、メラトニンという睡眠時に
でる大切な成分が分泌されにくくなり、睡眠障害や睡眠不足を引き起こします。

 

 

そのため鬱の症状や肥満になりやすいのです。
しかしブルーライトを浴びないという生活は現代ではなかなか難しいです。

 

できるだけ長時間のパソコンやスマホの使用は避け、1時間使用したら
10分ほどの休憩を取るようにしましょう。

 

 

そして、ついやりがちですが、就寝前の暗いところでの
スマホ操作は意識的に控える事が大切です。

 

50センチ以上離して画面を見ることがすすめられていますが、スマホは
なかなかそれが難しいので、今ブルーライトをカットするメガネが販売
されています。

 

 

しかしメガネは慣れていない場合しんどくなる方も少なくないので、体の
内側から予防したい方にはルテインが豊富に配合されている
サプリメントがおすすめです。

 

ルテインは日頃からブルーライトを浴びている方に特におすすめの成分で
光を遮る働きがあり天然のサングラスとも呼ばれています。

 

抗酸化作用によって人体に悪影響がある紫外線、スマフォやパソコン、
テレビなどからのブルーライトから目を保護してくれる働きがあり
健康番組などでも眼科医の多くが真っ先に薦める成分になります。

 

ルテインが豊富なサプリと言えばコチラがおすすめ
>>一望百景

 

トップへ戻る