視力低下 サプリ

目に効くサプリ 視力回復サプリランキングのトップページに戻る
| 眼病の症状と対策

目のサプリ

 

年間20万人もの人が受けると言われているレーシック。

 

それほど視力低下に悩んでいる人は多いということですね。

 

レーシックを受けるかどうかで悩んでいる人は、注意点も踏まえたうえで

 

検討しましょう。

 

レーシック手術とは?

 

レーシックとは、角膜屈折矯正手術のひとつに当たります。

 

黒目を覆っている角膜という部分に、エキシマレーザーを
照射して角膜の曲率を変えることで視力を回復させる矯正手術です。

 

1990年代にアメリカで開発された手術で、術後は
コンタクトも眼鏡も不要になり日常生活が快適になります。

 

手術と言っても、15分程度で終わる比較的簡単な手術なので、
気軽に行う人も多いのです。

 

そんな人気のレーシックですが、大体視力が0.1以下から0.02の

 

強度近視と呼ばれる人が受けられる手術になります。

 

失敗が気になるレーシック

 

レーシックは最近できた手術法であるため、失敗数やレーシックを
することによって起こる、目の不調などの統計や割合がまだ確実に取れていません。

 

そのためレーシックに不安を持つ人も多いでしょう。

 

レーシックは自由診療のため、価格競争がクリニックで起こります。

 

安いクリニックでは機械の使いまわしによる不衛生が目に影響した事件もありました。

 

そのため眼科選びは重要になってくるのです。

 

それ以外にも、一般的に言われているリスクとして重度のドライアイや、
削られた角膜と他の部分に段差ができてしまうハログレア現象などがあります。

 

レーシック手術に適応できるかどうかの検査をしっかりと行いましょう。

 

健康保険は適用されるのか?

 

レーシック手術は、目をマイナスの状態からプラスにする
いわゆる治療とは違い、ゼロをプラスにするといった考え方のケアです。

 

そのため保険は自由診療となり使えません。

 

ただし自分が任意で加入する民間の医療保険には、対象となっているプランがあります。

 

10万以上かかった場合は医療費控除を受けて、税金が安くできることも
可能なので、しっかりとプランを練りましょう。

 

病院はは安ければ安いほど良い、という選び方ではなく
どの部分にどれだけのお金がかかっているのか、明瞭なクリニックがおすすめです。

 

安心できるクリニックを選ぼう

目のサプリ

 

レーシック手術によるリスクなど、しっかりと説明してくれるクリニックにするのがおすすめ。

 

また手術をしてはい、終わりではなく、アフターフォローが充実していると安心できますね

レーシックはまだ歴史が浅いですが、その中でもある程度の
実績数を持っており、料金システムが分かりやすいクリニックが人気です。

 

角膜に負担をかけにくい機器や、角膜の歪みも矯正できる機器など、
最新の機器を導入しているクリニックも良いでしょう。

 

 

視力低下は病気でないと、放置する人も多いかもしれません

 

しかし日常生活でかなり重要であり、生涯ずっとお世話になる部分でもあります。

 

レーシックは手術自体は簡単でも、クリニック選びや自分に本当に

 

必要なのかは慎重になって考えなければなりません。

| 眼病の症状と対策

目のサプリ

 

目がゴロゴロとして、目を開けているのが辛いといった症状が起きることがあります。

 

一時的な物であれば良いのですが、中々治らないといった方は、思い当たる原因が

 

ないか考えてみましょう。

 

 

また日常でできる予防法を知っておくと便利です。

 

まずは目の状態をチェック

 

当然ながら、目にマツゲなど何か異物が入っていれば目がゴロゴロします。

 

鏡であっかんべーの目をしながら、目をチェックしてみましょう。

 

中には目に見えないくらいの小さな異物が入りこんでいる可能性もあります。

 

目薬をさしたり、専用の洗浄液などで洗ってみてください。

 

これで痛くなくなれば、異物の可能性があります。

 

角膜に原因がある場合

 

先ほど述べましたが、目薬をさしていったん治ったと思っても、

 

すぐにゴロゴロする場合はドライアイの可能性があります。

 

ドライアイは目の酷使が原因でまばたきが減り、目が乾燥する疾患のこと。

 

目の表面を覆う涙が蒸発し、分泌量が減るので角膜への栄養不足、

 

角膜が乾燥することでゴロゴロします。

 

ドライアイは人によっては眼球や、目の奥がゴロゴロするように感じることもあります。

 

またコンタクトレンズの不適切な使用によって、角膜に感染症が起きることがあります。

 

角膜にウイルスや細菌などが感染すると、角膜上皮炎や角膜内皮障害になるケースもあります。

 

まぶたに疾患がある場合

 

まぶたにも色々な疾患がおこることで、目がゴロゴロと感じます。

 

まずは麦粒腫、いわゆるものもらいも目がゴロゴロする原因です。

 

麦粒腫はまぶたの内側の皮膚が細菌感染をすることで起きる眼病です。

 

麦粒腫の他にも霰粒腫とよばれる同じまぶたの裏側に、分泌液などが溜まりしこりになることがあります。
しこり自体は違和感程度で痛みはありませんが、炎症を起こす場合もあるのです。

 

目がゴロゴロしたり痛いときの予防法や対策法

 

角膜やまぶたの裏側などに、何か疾患が起きている場合は

 

眼科に通うのが適切な対処法です。

 

ただし、普段の生活でこれらの眼病を予防することが大切です。

 

例えばドライアイは角膜の異常ですが、元々は目の乾燥からくるものです

 

長時間スマホやパソコンなどで目を酷使している時は、目をしっかりといたわることが大切。

 

目の周りの血行促進をするため、目を温めるアイマスクやツボ押し、市販の
目薬での栄養補給などが良いでしょう。

 

目を乾燥させないよう、エアコンの下で作業しない、加湿器を使うなども良い対策法です

 

また結膜炎も目がゴロゴロする原因のひとつです

 

部屋をこまめに掃除し、ほこりやダニなどでアレルギーを引き起こさないようにしましょう

 

花粉の季節は服の花粉を落としてから部屋に入る、洗濯物は家干しすることで

 

目を守る対策ができます

 

 

 

目の慢性的な疲労はドライアイを引き起こしますので、普段のケアが大事!

 

また目の異物も角膜や結膜を傷つけるので、目に異常があった時は
すぐに点眼薬などで対処しましょう。

 

放置すれば炎症を起こし、眼病の原因を作ってしまいます

 

日常ケアと素早い対処がポイントです

| 眼病の症状と対策

目のサプリ

 

人は起きて生活している限りは基本的には休むことなく絶えず眼球を動かし、その機能を酷使しています。最近ではデジタル時代になり何をするにも画面を見たり画面を見ながら作業することが多くなっていますので
ひと昔前より目の不調を自覚している方が増えてきています。

 

 

特にパソコン作業に集中しすぎたり、仕事のストレスに苛まれると
目の奥が痛くなることがあります。

 

 

通常であれば少しの間、目を休ませたり睡眠をとれば翌日には症状が治まります。

 

ですが日中に頻繁に目の奥が痛くなったり違和感がある場合では仕事や家事にも支障が出ますので出来ることなら症状を改善させたいですよね。

 

まずは症状から考えられる原因を探ってみましょう

 

目の奥が痛む時に考えられる原因

 

目の奥の痛みについて注意をしておきたい点は、原因が眼球そのものの疲れなのか、あるいは別の疾患がその痛みを発症させているのかということです。

 

・眼精疲労

パソコンやスマートフォンのブルーライトは、本来自然界に存在する刺激ではありません。その強い光を網膜の奥で情報処理し、脳に伝達させるプロセスの中で、メカニズムが以上な状態に陥ることがあります。このときに目の奥につよい痛みを感じることがあります。

 

単純な眼精疲労の場合は目薬をさしたり、眼球の周辺を揉んだり短時間眠ったり、少しの間、目をつぶったりするだけでも症状が改善します。

 

・ドライアイ

ドライアイは眼球を守る目的を有している涙液が減少したり、質が本来とは異なったものになってしまう事で表面上が乾き、不快感を覚えるのがドライアイであり、身近な不調ですが医学上はれっきとした病気ですので甘く見てはいけません。

 

・群発頭痛

女性より男性に特に多いのが群発頭痛で毎日決まった時間に現れることが多く耐えられないほどの強い痛みが特徴的です。

 

群発頭痛の方は喫煙者の方に多く数か月周期で症状が現れたり治まったりを繰り返します
群発頭痛は鼻詰まりや鼻水、目の充血などが併発することが多く市販の頭痛薬があまり効かないことが多いです

 

目の奥が痛い時にはどうすれば?

 

偏頭痛や群発頭痛など頭痛の症状が原因で目の奥が痛くなることがあり油断は禁物です。
痛みが酷かったり長時間続くようでしたら大きな病気の前兆かもしれませんので自己判断せずに専門医に相談して詳しい検査や頭痛薬を処方するなどの対処が必要になります。

 

 

 

とはいえ目の奥が痛くなる主な原因として一般的に考えられているのが人工的な電気信号を浴び過ぎたためというのが大半の理由でしょう。

 

現代人はPCやスマフォなどのブルーライトの影響から目を酷使しがちになり目の奥の痛みやゴロゴロした違和感などを自覚している方が多く目の不調からくる腰痛や肩こりにも影響を及ぼしています。

 

 

目の奥が痛いときの対処法

 

目の奥が痛かったり、異物感、なんだか目がゴロゴロするといった症状の原因には様々なことが考えられますが自宅でも会社でも簡単に出来る方法をいくつか挙げてみましょう

 

目をつぶったり休める

一日中PCやスマフォを見ればブルーライトや紫外線の影響から誰だって目にダメージは受けてしまいます目が疲れたと感じたら少しの時間でも目を閉じるだけで眼精疲労は解消されます

 

テレビやパソコンからの距離を開ける

どうしてもPCなどを見ていると段々と前かがみになって姿勢が悪くなりがちです
体と画面の間は40センチ以上は間隔を開けるようにしましょう
前屈みになると姿勢が悪くなり首痛や腰痛の原因にもなります

 

まばたきを意識的に増やす

乾燥しがちな冬に多いのが目がゴロゴロしたり異物感を感じるドライアイです
目が乾燥すると目を保護する涙が減少し角膜の表面に傷がついたり細菌やウイルスに感染して角膜炎などの危険もあります。

 

PC作業などに集中すると瞬きの回数が減ってしまいますので意識的にまばたきをしましょう

 

点眼薬などで潤いを

疲れ目などは目の血行が悪くなると起きやすいですので温めたタオルなどをあてたりすると目の筋肉がほぐれますので疲れが取れます
ただし目の充血などの炎症が起きている場合は冷やすほうが炎症も取れ効果的です。

 

塩化カリウムや塩化カルシウムが含まれている点眼薬で目の潤いを補給するのも効果的です

 

目のサプリ

 

 

目の奥が痛い症状の場合は単純な眼精疲労やドライアイ、偏頭痛や
群発頭痛など様々な原因が考えられます。

 

つらい痛みの場合は病院を受診することが何よりです

 

ドライアイや違和感などの場合は点眼薬や目薬などを普段から
使いながらルテインなどの抗酸化作用があるサプリメントなどを飲みながら様子をみるのも一つの方法です

 

 

| 眼病の症状と対策

目に起こる加齢の症状は
様々なものがありますが、その一つが飛蚊症です。

 

飛蚊症とは、ものを見ている時に
黒い虫のようなものが動いて見える状態のことをいいます。
蚊と名前が付いていますが、動いて見える物の形や大きさは様々で、
視線を動かすと追いかけてくるような動きをする場合もあります。

 

加齢の症状とも言われていますが、発症する年齢は様々で
20代から症状が起こることもあるため注意が必要です。

 

飛蚊症の原因

原因は目の中にある透明なゲル状な硝子体という物質が加齢によって変化し、
一部にシワのような部分が出てきます。
その部分が濁ってしまい、濁った部分が網膜に映ることで
虫のような黒い点が見えるようになります。

 

また、加齢によって硝子体が萎縮してしまうことで、
硝子体の後ろが網膜から剥がれてしまい、剥がれた部分が
黒い点に見るようになることもあるとされています。

 

この硝子体に問題が出てくるのは、硝子体の中に活性酸素が
発生してタンパク質や脂質などを変化させることで、硝子体の
組織を変化することで引き起こされます。

 

活性酸素はもともと体の中の細胞を守る働きをする防御機能の
一部ですが、紫外線によるダメージやストレス、生活環境の乱れなどが
原因によって活性酸素は増えていきます。

 

飛蚊症の対策

つまり、この活性酸素を抑えることによって飛蚊症を予防することにつながります。
活性酸素を除去するためには抗酸化作用のある食品やサプリメントを
積極的に摂取していくことが効果的です。

 

特に目に効果的な抗酸化作用のある成分としては、「ルテイン」が挙げられます。
ルテインは、抗酸化作用のあるカルテの井戸の一種で、黄色の天然色素になります。

 

ファイトケミカルの一種で、マリーゴールドなどの黄色い花弁やほうれん草、
人参、かぼちゃなどの緑黄色野菜に含まれています。

 

目の老化を引き起こす活性酸素を抑えるほか、テレビやパソコン、
スマートフォンなどから発生される有害な青い光であるブルーライト、
紫外線を吸収するなどの目を守る働きもします。

 

ルテインをサプリメントなどで摂取することによって、飛蚊症を予防することが
期待できるほか、白内障を予防改善したり、コントラスト感度を改善する、
炎症を抑制するほか、抗酸化作用による美肌効果なども期待できます。

 

サプリメントには様々な種類があります。選ぶ場合には、
どれぐらいの量が配合されているかを注意して選んでいくことがオススメです。
1日の摂取量は6?12mgとされているため、この量を目安にして選ぶことが大切です。

| 眼病の症状と対策

活性酸素は老化を早め様々な病気を引き起こす
原因とも言われていますが、活性酸素が増え過ぎることで
加齢黄斑変性症などの目の不調に影響を与えることがあります。

 

ブルーライトはスマートフォンやパソコンからの可視光で、
眼精疲労や生活のリズムなどの変調を招く要因となります。

 

ブルーライトは高いエネルギーがあり、目の角膜や水晶体を通して
黄斑や網膜に直接ダメージを与えます。
ブルーライトよりも高いエネルギーがあるのは紫外線です。

 

紫外線は浴び過ぎること活性酸素が増えるもので、活性酸素の殺菌能力は
強力過ぎると細胞に悪影響を与えることにつながります。
紫外線が活性酸素を発生させるとシミやしわなど皮膚への
影響があることは知られていますが、目にも影響がでます。

 

紫外線によって発生した活性酸素が目に与える影響には
眼球内の水晶体の成分が変化し、白内障を発症するリスクが高まり、
結膜も傷つき痒みや痛みの原因にもなります。

 

ブルーライトや紫外線による活性酸素のリスクは加齢黄斑変性症や
白内障など目の不調につながるものです。
対策では活性酸素を減らすことを考えることが大切です。
活性酸素を減らすためには抗酸化力のある成分を摂取することです。

 

抗酸化力のある成分にはルテインがあります。
ルテインは体内でビタミンAに変換されないため抗酸化力の
強い色素成分が体内に残り、目の健康全般に効果があるだけではなく、
白内障や黄斑変性症などに効果的です。

 

ルテインは強い抗酸化作用があるカロテノイドの一部で、
目の網膜全敗や水晶体に多く含まれている成分で、活性酸素の
原因となる紫外線やブルーライトの可視光線を吸収することができます。

 

吸収することで網膜や水晶体の酸化を防ぐことが期待できます。
またルテインは網膜の黄斑という焦点の結ばれる部分の衰えを保護して、
疲れ目などの症状を予防したり、目の神経回路に関係している神経細胞や
脳細胞の健康も保ちます。

 

ルテインの推奨摂取量は特に決まりなどはありませんが、6?12mgで、
目の疾患を改善するためには1日20?40mg摂ることが良いです。

 

含まれている食材にはケール、ほうれん草、クレソン、レタス、ブロッコリー、
とうもろこし、グリンピースなどがあります。

 

1日に6mg摂取するには、含有量の多いほうれん草で約1/2束食べる必要あり、
1日に20mg以上摂るには1日にサラダボール5?6杯摂ることになります。

 

いくら目に良いと言っても毎日摂るのは大変です。
そんな時はサプリメントを活用します。
食事で足りない分をサプリメントで補充するように摂ることで目の健康を維持することが期待できます。

トップへ戻る