レーシック 保険適用

レーシック(近視回復手術)ってどんな事をするの?

目のサプリ

 

年間20万人もの人が受けると言われているレーシック。

 

それほど視力低下に悩んでいる人は多いということですね。

 

レーシックを受けるかどうかで悩んでいる人は、注意点も踏まえたうえで

 

検討しましょう。

 

レーシック手術とは?

 

レーシックとは、角膜屈折矯正手術のひとつに当たります。

 

黒目を覆っている角膜という部分に、エキシマレーザーを
照射して角膜の曲率を変えることで視力を回復させる矯正手術です。

 

1990年代にアメリカで開発された手術で、術後は
コンタクトも眼鏡も不要になり日常生活が快適になります。

 

手術と言っても、15分程度で終わる比較的簡単な手術なので、
気軽に行う人も多いのです。

 

そんな人気のレーシックですが、大体視力が0.1以下から0.02の

 

強度近視と呼ばれる人が受けられる手術になります。

 

失敗が気になるレーシック

 

レーシックは最近できた手術法であるため、失敗数やレーシックを
することによって起こる、目の不調などの統計や割合がまだ確実に取れていません。

 

そのためレーシックに不安を持つ人も多いでしょう。

 

レーシックは自由診療のため、価格競争がクリニックで起こります。

 

安いクリニックでは機械の使いまわしによる不衛生が目に影響した事件もありました。

 

そのため眼科選びは重要になってくるのです。

 

それ以外にも、一般的に言われているリスクとして重度のドライアイや、
削られた角膜と他の部分に段差ができてしまうハログレア現象などがあります。

 

レーシック手術に適応できるかどうかの検査をしっかりと行いましょう。

 

健康保険は適用されるのか?

 

レーシック手術は、目をマイナスの状態からプラスにする
いわゆる治療とは違い、ゼロをプラスにするといった考え方のケアです。

 

そのため保険は自由診療となり使えません。

 

ただし自分が任意で加入する民間の医療保険には、対象となっているプランがあります。

 

10万以上かかった場合は医療費控除を受けて、税金が安くできることも
可能なので、しっかりとプランを練りましょう。

 

病院はは安ければ安いほど良い、という選び方ではなく
どの部分にどれだけのお金がかかっているのか、明瞭なクリニックがおすすめです。

 

安心できるクリニックを選ぼう

目のサプリ

 

レーシック手術によるリスクなど、しっかりと説明してくれるクリニックにするのがおすすめ。

 

また手術をしてはい、終わりではなく、アフターフォローが充実していると安心できますね

レーシックはまだ歴史が浅いですが、その中でもある程度の
実績数を持っており、料金システムが分かりやすいクリニックが人気です。

 

角膜に負担をかけにくい機器や、角膜の歪みも矯正できる機器など、
最新の機器を導入しているクリニックも良いでしょう。

 

 

視力低下は病気でないと、放置する人も多いかもしれません

 

しかし日常生活でかなり重要であり、生涯ずっとお世話になる部分でもあります。

 

レーシックは手術自体は簡単でも、クリニック選びや自分に本当に

 

必要なのかは慎重になって考えなければなりません。

目に効くサプリ 視力低下を感じたら試してほしいサプリランキングのトップページに戻る

関連ページ

黄斑変性症の原因と対策
活性酸素は老化を早め様々な病気を引き起こす原因とも言われていますが、活性酸素が増え過ぎることで加齢黄斑変性症などの目の不調に影響を与えることがあります。
飛蚊症の原因と対策
飛蚊症とは、ものを見ている時に黒い虫のようなものが動いて見える状態のことをいいます。蚊と名前が付いていますが、動いて見える物の形や大きさは様々で、視線を動かすと追いかけてくるような動きをする場合もあります。飛蚊症の原因と対策を考えてみました
目の奥が痛くなる原因と対策
目の奥の痛みについて注意をしておきたい点は、原因が眼球そのものの疲れなのか、あるいは別の疾患がその痛みを発症させているのかということです。目の奥の痛みの原因や対策を考え潜んでいる眼病をまとめてみました
目がゴロゴロしたり目が痛い原因と対策
目がゴロゴロとして、目を開けているのが辛いといった症状が起きることがあります。 一時的な物であれば良いのですが、中々治らないといった方は、思い当たる原因がないか考えてみましょう。 また日常でできる予防法を知っておくと便利です