眼鏡の選び方

視力が落ちたときの初めての眼鏡の選び方

目のサプリ

 

普段の生活や仕事でも支障がある場合は
目が疲れてるだけと思っても眼鏡の購入は考えなくてはなりません

 

視力低下で初めて眼鏡を選ぶ際に、気を付けておきたいポイントがあります。

 

安い眼鏡も増えていて気軽に試せるのですが、合っていないメガネは逆効果になることも。

 

毎日使う物なので、眼鏡選びは慎重になりましょう。
今回は初めて眼鏡を選ぶ際の注意点などをお伝えします。

 

眼鏡をした方が良い目とは?

 

眼鏡をした方が良いとされているのは、視力から考えることができます。

 

0.3から0.7未満だと、必要な時に眼鏡を使用したほうが良いでしょう。
そして0.3未満だと常に眼鏡を使用したほうが目に良いと言われています。

 

これは近眼の場合ですが、遠視も老眼の方も、そして視力は悪くなくても
乱視の方もいらっしゃいます。

 

その場合も眼鏡が必要になります。

 

例えば日常生活には問題がなくとも、仕事や運転となると支障をきたす場合があります。
定期的に眼科検診に通い、目について検査を行うのも大事なポイントです。

 

眼鏡はTPOに合わせて作るのがコツ

目のサプリ

 

眼鏡には色々な種類があり、時と場合によって使い分けると便利です。

 

例えば老眼の人はプライベートは近くが見える遠視用のメガネが
必要ですが、仕事がドライバーであれば近視用もしくは遠近両用が必要です。

 

また普段仕事でパソコンを使う人は、仕事中はブルーライトカットのメガネが合っています。
このように仕事と趣味、時と場合を考えて使い分けると良いでしょう。

 

基本のオールマイティな1本と、仕事用、プライベートと違った形の
メガネを複数持つと、雰囲気も変わってオシャレですし生活しやすくなります。

 

眼鏡には種類がたくさんある

目のサプリ

 

眼鏡には沢山の種類がありますが、大きく分けると単焦点レンズと
累進レンズの2種類があります。

 

単焦点レンズはいわゆる一般的なレンズで、1つのレンズに1つの
補正機能を持ったレンズのことです。

 

種類は近視用、乱視用、遠視用など

 

累進レンズは複数の機能を持ったレンズで、有名なのは遠近両用レンズです
累進レンズは他にも手元から5メートル先まで良く見えるための累進レンズ

 

そしてもっと近くのデスクワークや裁縫などに便利な近々レンズがあります

 

デスクワークはパソコンなどから発せられる、
紫外線に似たブルーライトをカットするためのレンズもあります。

 

また外で働く方には、ほこりや傷に強い耐傷コートや埃ガードなどレンズに
コーティングをかけることも可能です。

 

度の強すぎる眼鏡には注意

目のサプリ

 

眼鏡が合っていないと、頭痛や眼精疲労を起こす可能性があります。

 

特に近視用のメガネで度が強いと、近くの物を見たときにピントを合わせるため、筋肉が疲れてしまいます。

 

またレンズは視力に比例して厚くなりますが、従来の球面レンズだと使用に違和感を感じることも。

 

できるだけレンズにゆがみがない薄いタイプの非球面レンズがおすすめです。
非球面レンズはかけた時に目が小さくならないのも特徴です。

 

眼鏡を見た目やフレームだけで選びがちですが、レンズも気を付けておきたいポイントです。

 

レンズにもガラスやプラなど素材があるため、生活に合った眼鏡を選びましょう。

目に効くサプリ 視力低下を感じたら試してほしいサプリランキングのトップページに戻る
トップへ戻る