視力低下 サプリ

目に効くサプリ 視力回復サプリランキングのトップページに戻る
| 目に良い成分

視力回復 サプリ

 

目の状態を健康に若々しく保つためにも体調を整え体全体を若く健康に保つ努力が必要になります。
そういった意味でも目の健康には食事と密接な関係があると言えるでしょう

 

最近では研究が進みどの食品が健康に働きかけるかエビデンスが研究機関からたくさん発表されています
ここでは目に関する最新の研究報告からいくつかをお話ししましょう。

 

老化とは体が酸化することと考えられています。
酸化とは文字通り体が錆びることを意味し人が生きるためには酸素が不可欠ですが体内に取り込まれた酸素の一部が酸化力の強い活性酸素に変化しこれが体の細胞を攻撃するのです。

 

呼吸によって体内に取り込まれた酸素の2から3%が活性酸素に変わります。
この活性酸素によって老化や多くの生活習慣病が起こり体の不調を引き起こします

 

視力低下についても同じように活性酸素が増えると白内障などの病気が引き起こされることになります。
あまり自覚は無いと思いますが紫外線が目に入ると活性酸素が生じます。

 

活性酸素は眼球内の不飽和脂肪酸を過酸化脂質に変えそれが目に白濁を生じさせるのです。
こうしたプロセスが白内障の1つの形になると言えるでしょう。

 

そこで視力回復のためにも活性酸素の働きを防ぐ抗酸化物質が豊富な食品を摂取することが推奨されています
その代表的なものの1つが赤ワインです。

 

赤ワインと視力回復の関係

視力回復 サプリ

 

赤ワインには優れた抗酸化物質であるポリフェノールの1種であるレスベラトロールが豊富な事は良く知られています

 

赤ワインのポリフェノールは抗酸化作用によって体全体の酸化を抑制しますから当然目にも良い働きがあり目のサプリメントなどにも配合されている成分です。

 

赤ワインのポリフェノールはその抗酸化作用によって目の酸化を抑える働きがあります。
それと同様に視覚機能の改善に役立ちますし視野の改善効果があると報告されています。

 

加えてポリフェノールには眼精疲労を解消させピント調節機能をアップさせる効果も期待できます。

 

私たちの目はレンズの役割を果たしている水晶体の厚みを変えることでピントの調節を行っています。
この水晶体の厚みを変えるときに働いているのが水晶体に付随している毛様体筋と言う筋肉です。

 

眼精疲労やいわゆるスマフォ老眼などではこの毛様体筋が硬くなりピントの調節機能も落ちてきます。ポリフェノールの摂取では全身の血流状態も改善されますから毛様体筋の血流も改善し毛様体筋の疲労解消も促されると言う訳です。

 

毛様体筋の疲労が解消されて筋肉の柔軟性を取り戻せばピント機能を取り戻すことも期待できるのです。

 

また赤ワインのポリフェノールと同様に目に良いと言われているのが果物のカシスです。
カシスにはポリフェノールの1種であるアントシアニンが数種類含まれています。

 

このアントシアニンにも毛様体筋の緊張ほぐす作用があるとされているからです。
また疲れ目に良いと言われてきたブルーベリーも効果的だと思います。

 

ブルーベリーにもアントシアニンが含まれていて夜間視力を高め疲れ目を和らげる効果があります。

 

さらにアントシアニンと言えば紅芋にも豊富に含まれておりますし活性酸素を除去するほうれん草などに豊富に含まれているルテインなども健康番組などでは特集されることが多いですので参考にしてみましょう。

 

さいごに

 

赤ワインに含まれるポリフェノールは強い抗酸化作用があり視力回復や健康維持のためには積極的に摂りたい成分ですがお酒が飲めない人もいますし毎日飲むのも大変ですね。

 

そういった方はポリフェノールやアントシアニンなど視力回復に良いと言われる成分をバランス良く補給できるサプリなどを取り入れていくと無理なく続けることが出来るでしょう。

| 目に良い成分

視力回復 サプリ

 

近年では、パソコンやスマートフォンなどの影響によって視力が落ちたと
悩みを抱えている人も多く見られるようになりました。
そのような人々の間で話題を呼んでいるのが、ゼアキサンチンです。
その特徴としては、非常に強い抗酸化作用が挙げられます。

 

ルテイン・ゼアキサンチンは主に緑黄色野菜に多く含まれる成分で
天然のサングラスとも呼ばれ紫外線のダメージから目を保護する大事な成分です

 

ゼアキサンチンの視覚機能改善の根拠

米国の健康な大学生及び大学院生を対象として、1日当たりルテイン1

0mg及びゼアキサンチン2mgを1年間摂取させた結果、プラセボ摂取
と比べて、光ストレスからの回復を促し、有害なブルーライトから眼を保
護する働きがある黄斑色素量が有意に増加し、視覚機能として色コントラ
スト感度が有意に高まることが示された。

 

採用文献はサンプルサイズが大きく(対象者115名)、研究デザインも

プラセボ対照二重盲検無作為化コントロール試験であり、非常に質が高いと
言える。黄斑色素量の増加と光ストレスからの回復速度及び色コントラスト
感度の増加に非常に高い相関があることからエビデンスレベルは高いと考
えられる。


引用:機能性表示食品の科学的根拠等に関する基本情報より抜粋
アサヒフードアンドヘルスケア株式会社作成

 

ゼアキサンチンの具体的な効果

 

ゼアキサンチンは抗酸化作用によって目の中で紫外線などを最も浴びやすい部分に
できる活性酸素を取り除いてくれる科学的根拠がある成分です

 

これは飛蚊症や黄斑変性症の予防にもつながりますので、
非常に役立つ効果を期待できます。

 

またゼアキサンチンは単体で摂取するよりもルテインと同時に摂取することによって
非常に効果が高まることが分かってきておりルテインを5、ゼアキサンチンを1による
5対1の割合で摂取すると効果が高まりこれを黄金比率と呼んでいます。

 

ゼアキサンチンは食事を通して主に緑黄色野菜から摂取出来ますが
食の欧米化や不規則な食生活、加齢による食の細さなどから不足気味に
なっているのが現実ですのでゼアキサンチンが配合されたサプリなどで
補充するのが良いでしょう

 

特にルテインとゼアキサンチンの5対1の黄金比率で配合されているのがコチラです

 

| 目に良い成分

視力回復

 

昔から目がかすんだり小さい字が読みずらくなると
ブルーベリーを食べれば視力が良くなると聞いた方もいると思います。

 

最近ではPCやスマフォを見る機会が多く健康番組などでも
視力の改善についてのテーマの際にはブルーベリーが
よく取り上げられていますので視力の改善にブルーベリーが
効果的という事は広く知られています

 

ただ間違って欲しくないのがブルーベリーが目に良いのではなく
ブルーベリーに含まれているアントシアニンが眼精疲労や
視力の改善に効果が期待できるという事なんです

 

でも生のブルーベリーで眼精疲労の改善を目指す場合
1日の推奨量は300gですし、毎日食べ続けるのは大変です。

 

そのために眼精疲労などにはブルーベリーの成分が
配合されているサプリメントが定番になっていたんです。

 

視力の改善にはブルーベリーを食べるのが有効ですが
先ほどもお伝えしたとおり眼精疲労の改善に効果があるのは
ブルーベリーではなくアントシアニンなんです。

 

アントシアニンは何もブルーベリーだけにしか含まれている
成分では無いですしアントシアニンで考えれば
ビルベリーの方が遥かに豊富に含まれているんです。

 

そのために最近の健康番組や目に効果がある成分として
ブルーベリーは徐々に取り上げられることが少なくなっています。

 

眼精疲労や最近のPCやスマフォによる目の酷使による
視力の改善成分は研究が進んでいますので
ビルベリーやルテイン、アスタキサンチンなども効果的です。

 

その中でもブルーベリーのアントシアニンにこだわりがあるのでしたら
当サイトでは紅イモをお勧めしています。

 

紅芋に含まれているアントシアニンはブルーベリーの実に4倍!
さらに紅芋にはビタミンやミネラル、食物繊維も豊富ですし
動脈硬化予防にも効果がある食品です。

 

紅芋の本場、沖縄では視力を含めて元気な老人が
多いのもこういった理由からかもしれませんね。

 

ブルーベリーの4倍のアントシアニン含有量の
紅芋を取り入れている目のサプリといえばコチラです

 

 

 

 

 

 

 

| 目に良い成分

ポリフェノールの効果

 

ポリフェノールが体に良いと言われているのは、有名です。
特に抗酸化力の強い成分として色々な食品にも
含まれていますが、このポリフェノールは疲労した
目にとって大切な役割を果たします。

 

 

そもそも、ポリフェノールというのは植物に配合されている成分で
ポリフェノールにも色々な種類が存在します。
自然界の中には約3000種類以上とも。

 

ブルーベリーに含まれているアントシアニンや緑茶の中のカテキン、
そして、大豆製品に含まれているイソフラボンなども全てポリフェノールです。
ポリフェノールの主な働きは非常に強い抗酸化力です。

 

ストレスや紫外線、携帯の電磁波などを受けた
人間の体内はどんどん錆びていきます。
そんな錆びてしまった体の中には活性酸素が発生しています。

 

活性酸素は普段から体内に存在しますが、
分解できないで溜まってしまうと体のあちこちが不調をきたします。
そんな活性酸素を体外に追いやってくれる成分こそポリフェノールなのです。

 

このエネルギーの塊のようなポリフェノールが最近注目を集めているのが
ポリフェノールの中でもアントシアニンやアントシアニン類と呼ばれている成分です。

 

スマホやパソコンで疲労した、現代人の目に良いと着目されています。
アントシアニンは目で見た情報を脳に信号として送るための
ロドプシンという成分を作る手助けをしてくれる成分です。

 

見える力をサポートしてくれるのが主な働きのポリフェノールは、
などの老化した肌への若返りの力もあるため、目の下のクマにも効果が期待されています。
その他にも眼精疲労や仮性近視にも効果があると、注目されています。
アントシアニンを含む食べ物はブルーベリーやはビルベリーです。

 

その他にもカシスやりんご、アサイーなどにもアントシアニン類のポリフェノールが含まれています。
そして、色々なポリフェノール同士を同時に摂取することで、
相乗効果が生まれるという性質を持っています。

 

アントシアニンと相性が良いのが蕎麦やレバーに
含まれているルチンというフラボノイドのポリフェノールです。
その他タンニンという赤ワインの渋み成分とも相性が良いです。
サプリメント等では、そのような相乗効果をねらってバランス良く配合されています。

 

視力回復には、目だけのケアではなく、体全体の健康も関わってきます。
全身のケアを考えたときに、抗酸化力の高いポリフェノールを摂取する事は
視力サポートをはじめ、体の色々な部分もケアしてくれる強い味方である事が言えます。

| 目に良い成分

目に良い食品といえばブルーベリーを思い浮かべますがそれだけではありません。
頭が良くなる成分として、サプリメントを摂る方には有名なDHAですが、目にも良いというのはご存じですか。

 

そもそもDHAという成分は、青魚に含まれている脂肪の事です
特徴は、動物の脂肪と違い温度が低くても固まらないという性質です

 

冷たい海の中を泳いでも固まらない魚の脂肪酸は非常に柔軟な油です
必須脂肪酸の中でも体内で作ることの
できない多価不飽和脂肪酸というものがあります

 

オメガ3やオメガ6といった名前の成分で、それは青魚に多く含まれています
DHAは、ホルモンの形成や細胞の元となるものやエネルギーになる成分です
ですから人間の基本的な体作りにはかかせることのできないものなのです

 

 

特に目の視神経の細胞膜は半分がDHAでできています
目だけでなく、脳は水分を取り除くとあと半数は脂肪と言われています
そのうち5パーセントはDHAでできています

 

目で見た情報は脳に送られて処理されるので、
脳に良いということは目に良いことにもつながります

 

DHAを摂取すると、目の網膜や神経の
膜の部分を柔らかくしてくれる働きがあります
柔らかくなった膜は情報伝達がスムーズになります

 

それから、目で見た情報を脳に送る際、素早く伝達する働きももっています
脳自体の機能もパワーアップするため、見える力がアップすると言われています

 

その他、ドロドロになった血液をサラサラに変えてくれる働きがあります
血液が滞ると、色々な病気を引き起こす事は知られていますが
特に注意が必要なのが脳梗塞や動脈硬化、高血圧といった生活習慣病です

 

体全体はもちろんのこと、
目の周りにも血が流れており、血流が悪くなると色々なトラブルがあります
充血や疲れ目、眼精疲労などの症状に陥ります
そんな目の疲労から守ってくれる働きも持っています

 

 

ストレスを抱えている方にもDHAはおすすめです
ストレスが増えると、体内の活性酸素が増えます
余分な活性酸素は目にも悪影響を及ぼすため、
間接的ではありますが、不要な活性酸素防止にも効果があります

 

DHAは主にマグロやイワシ、サンマなどの青魚に含まれています
毎日魚は食べれないという方にはサプリメントがおすすめです

 

 

目に良いだけでなく、目と深い関わりを持つ脳の活性化にも良いDHA
動体視力の向上や、近視の方の改善にも期待されている成分です
また集中力も高めてくれる働きがあるとされています
視力回復したい方には最適な成分です

| 目に良い成分

視力回復サプリ

 

視力のサプリメントなどを常日頃からお使いの方は
アントシアニンという成分をご存知の方も多いはずです。

 

ブルーベリーに含まれている、
青紫色の色素であるアントシアニンは目に良いとされています。
アントシアニンはポリフェノールの一種です

 

ポリフェノールは体内で生成することができないので、
積極的に外から摂取したい成分なのです。

 

アントシアニンはロドプシンを作るために必要な成分です。
ロドプシンというのは、目の網膜にある物質で、
そこに光が当たり、脳に信号が送られることで
はじめて目が見えるという状態になります。

 

 

ロドプシンは一度使われると
ビタミンAに分解されて、数が減ってしまいます。
数が減っても、また再び作り始めるのですが、
現代人のように目をずっと使い続ける生活をしていると、
再合成が間に合わなくなってしまい、目が眼精疲労を起こしてしまいます。

 

アントシアニンは、ロドプシンの生成を
手助けしてくれる役割をもっているのです。
ですので、眼精疲労や視力の低下などにはアントシアニンが効果的なのです。

 

アントシアニンは、ブルーベリーだけではなく、
ぶどうやイチゴのフルーツにも含まれています。
野菜で言えば、ナスや紫いも、シソにも含まれています。

 

ですので、アントシアニンはブルーベリーや
ブルーベリーを使用したサプリメントをはじめ、幅広い食品にも含まれているのです。
アントシアニンを摂取したいときには野菜やサプリを積極的に摂るようにしましょう。

 

それから、アントシアニンには非常に抗酸化力が高いと言われています。
ストレスの多い生活習慣や紫外線などで増えた活性酸素を
外に追い出してくれる働きがあります。

 

活性酸素とは、簡単に言えば体内の中のサビですが、
放っておくと体内の色々なところに不調をきたします。
一見視力とは関係ないと思いがちですが、体全体の血行不良により、
目の周りの血流が滞ると、その周辺の筋肉が固まってコリになります。

 

そうなるとピントが合わないといった症状を引き起こすのです。
アントシアニンは直接目に対しても良い影響を与える成分ですし、
体全体に対する抗酸化力の高さからも注目されている成分なのです。

 

視力に良いサプリメントなどは、
そこに着目してよりアントシアニンが凝縮されたものを販売しています。
毎日の生活に取り入れて、
健康にもなれる一役で何倍もの効果を感じる事のできる成分なのです。

 

視力低下に悩む方はアントシアニンを取り入れたサプリに
注目してみましょう。

 

アントシアニンが豊富に入っているサプリといえばコチラがおススメです

| 目に良い成分

視力回復サプリ

 

ビルベリーといえば、視力のための
サプリメントの主成分としてご存知の方も多いでしょう。
ブルーベリーと名前が似ているため、同じなのではないかと
思いがちですがブルーベリーの一種ではあるものの、同じではありません。

 

ビルベリーは北欧が原産地のブルーベリーよりも濃い色の青紫色の実です。
人工栽培は難しいので、野生種を自然栽培されたものを収穫しています。
生で食べる事ができますが、
そのまま食べても酸っぱいので大体ジャムなどに加工して食べられています。

 

 

北欧では、整腸剤としても重宝されており、
すでに健康食品という枠を超え、医薬部外品としても活躍しています。
この、青紫色の成分はアントシアニンという成分なのですが、
一般的なブルーベリーに比べて2倍以上のアントシアニンを含んでいて、
実の色もビルベリーの方が濃い色をしています。

 

 

それは、北欧特有の白夜という一日中太陽が沈まない時期に
実をつけるため、アントシアニンの量が増えるのです。

 

アントシアニンは目に良いとされているため、
濃いビルベリーが主成分のサプリメントが多く売られています。

 

ビルベリーは眼精疲労に大変有効

ビルベリー サプリ

 

どのような効果を発揮するかというと、スマホや
パソコンを多用する現代人に多い眼精疲労に効果が期待されています。

 

スマホからは、視力低下や睡眠の妨げになる原因の
ブルーライトが発生するため、目にダメージを受けています。
ビルベリーにはダメージを受けた目を癒す効果があります。

 

筋肉の疲労を和らげる効果があるため、目の周りの筋肉にも良いとされています。
また、白内障などの眼病予防にも効果があり、
科学的に実証され視力サポートとしてはなくてはならない成分です。

 

ビルベリーには、アントシアニンの他にも
視力回復にはなくてはならないビタミンAも含まれています。
ビタミンAは涙の量を一定にする効果があるため、ドライアイの方にぴったりです。

 

 

また、網膜の状態を健康に保つ成分でもあります。
その他、ビルベリーには抗酸化力があります。
活性酸素という体内のサビを体外に出す作用を抗酸化力といいますが、
このちからがあるため、視力をはじめ、健康食品としても優秀な成分です。

 

 

視力回復のためには、バランスの良い食事はもちろん、
体全体の健康を考える必要があるため、抗酸化作用のあるビルベリーは
視力と共に健康に導く、一石二鳥の成分であると言えるでしょう。

 

 

北欧産以外のブルーベリーは、ビルベリーではなく一般的な
ブルーベリーですので、北欧産のビルベリーを使用したサプリメントがおすすめです。

 

>>ビルベリーを豊富に含んでいるサプリはコチラ<<

 

 

 

| 目に良い成分

ルテイン

 

目に良い成分として、代表的なひとつでもあるカロテノイドの一種であるルテイン。
カロテノイドは動物や植物などの自然界に存在する成分で、強い抗酸化力があります。

 

体内のサビと言われている活性酸素を除去したり、
眼病や生活習慣病予防に効果が期待できる成分です。
その中のルテインは主に白内障や加齢黄斑変性症の予防に効果があります。

 

またルテインは多くの食品に含まれています。
代表的な食品は、ケールやほうれん草などの緑黄色野菜に含まれています。
その他にも、キャベツやいんげんなど身近にある食品にも入っています。

 

 

目に良い成分ですが、毎日の摂取が必要な成分です。
特にタバコを吸う方やもともと視力が悪い方は
通常の摂取量よりも多く摂る必要があります。

 

加齢による体内のルテインの量も減少するため、
高齢の方にも同じ事が言えます。

 

加齢黄斑変性とは、加齢により
網膜の真ん中にある黄斑という部分に障害をきたします。

 

それによって視界の真ん中が見えなくなってしまうという非常に怖い病気です。
目のレンズである水晶体や、その部分をフィルターとして
紫外線から守る黄斑のルテイン不足が、この病気を引き起こす原因なのです。

 

 

ルテイン不足が引き起こすのは、その他にも白内障があります。
白内障は、レンズである水晶体が
何らかの原因で濁ってしまい、視力の妨げになる病気です。

 

原因は様々な要素がある中で、ひとつにはルテイン不足が原因といった声もあります。

 

 

ルテイン不足に陥る理由として、
食品から摂るルテイン量が減ってきている点があります。

 

ファーストフードや偏った食事により、緑黄色野菜の摂取量自体が減っています。

 

それから、ストレスの多い生活やタバコなどで、
目に多くの活性酸素が集まり、眼病を引き起こす原因にもなっています。

 

女性の方は閉経後に、コレステロールの値が減少してしまう事があります。
その分、目に運ばれるルテインの量が減ることにより、
加齢黄斑変性になるということがありますので
健康な状態の方も注意が必要です。

 

ルテインは、ブルーベリーやカシスなど
目に良い成分と同時に摂取すると相乗効果がありブルーベリーや
カシスに含まれるアントシアニンという成分が、血流にのって道を作ってくれます。

 

 

そのため、ルテインの成分が行き渡りやすいという効果があります。
ですから多くの食品やサプリメントなどと併用する事がおススメですね
疲れた時だけではなく、毎日補うことで健康な目を維持できます

 

朝のルテイン&プラセンタ

 

>>ルテインを豊富に含んでいるサプリと言えばコチラ<<

トップへ戻る