黄斑変性症 サプリ

黄斑変性症の原因と対策

活性酸素は老化を早め様々な病気を引き起こす
原因とも言われていますが、活性酸素が増え過ぎることで
加齢黄斑変性症などの目の不調に影響を与えることがあります。

 

ブルーライトはスマートフォンやパソコンからの可視光で、
眼精疲労や生活のリズムなどの変調を招く要因となります。

 

ブルーライトは高いエネルギーがあり、目の角膜や水晶体を通して
黄斑や網膜に直接ダメージを与えます。
ブルーライトよりも高いエネルギーがあるのは紫外線です。

 

紫外線は浴び過ぎること活性酸素が増えるもので、活性酸素の殺菌能力は
強力過ぎると細胞に悪影響を与えることにつながります。
紫外線が活性酸素を発生させるとシミやしわなど皮膚への
影響があることは知られていますが、目にも影響がでます。

 

紫外線によって発生した活性酸素が目に与える影響には
眼球内の水晶体の成分が変化し、白内障を発症するリスクが高まり、
結膜も傷つき痒みや痛みの原因にもなります。

 

ブルーライトや紫外線による活性酸素のリスクは加齢黄斑変性症や
白内障など目の不調につながるものです。
対策では活性酸素を減らすことを考えることが大切です。
活性酸素を減らすためには抗酸化力のある成分を摂取することです。

 

抗酸化力のある成分にはルテインがあります。
ルテインは体内でビタミンAに変換されないため抗酸化力の
強い色素成分が体内に残り、目の健康全般に効果があるだけではなく、
白内障や黄斑変性症などに効果的です。

 

ルテインは強い抗酸化作用があるカロテノイドの一部で、
目の網膜全敗や水晶体に多く含まれている成分で、活性酸素の
原因となる紫外線やブルーライトの可視光線を吸収することができます。

 

吸収することで網膜や水晶体の酸化を防ぐことが期待できます。
またルテインは網膜の黄斑という焦点の結ばれる部分の衰えを保護して、
疲れ目などの症状を予防したり、目の神経回路に関係している神経細胞や
脳細胞の健康も保ちます。

 

ルテインの推奨摂取量は特に決まりなどはありませんが、6?12mgで、
目の疾患を改善するためには1日20?40mg摂ることが良いです。

 

含まれている食材にはケール、ほうれん草、クレソン、レタス、ブロッコリー、
とうもろこし、グリンピースなどがあります。

 

1日に6mg摂取するには、含有量の多いほうれん草で約1/2束食べる必要あり、
1日に20mg以上摂るには1日にサラダボール5?6杯摂ることになります。

 

いくら目に良いと言っても毎日摂るのは大変です。
そんな時はサプリメントを活用します。
食事で足りない分をサプリメントで補充するように摂ることで目の健康を維持することが期待できます。

目に効くサプリ 視力低下を感じたら試してほしいサプリランキングのトップページに戻る

関連ページ

飛蚊症の原因と対策
飛蚊症とは、ものを見ている時に黒い虫のようなものが動いて見える状態のことをいいます。蚊と名前が付いていますが、動いて見える物の形や大きさは様々で、視線を動かすと追いかけてくるような動きをする場合もあります。飛蚊症の原因と対策を考えてみました